こういった「まめ」さが、悪い方向に行くはずはない。人はたびた

こういった「まめ」さが、悪い方向に行くはずはない。人はたびたび自分に働きかけてくれる人には、心を動かされやすい。2どうしたら、彼女と親しくなれるか男女の場合でも、男性が「まめ」であるということは、関係をつくるキーワードといってもいい。それは、仕事のときとまったく同じである。女性に対してひんぱんに働きかけをすれば、女性はだいじにされていると喜んでくれる。面倒くさがらないから、何か二人のあいだに壁ができたとしても、それをクリアしていくだけのパワーがあると女性に思われる。さらに、まめで好奇心旺盛な男性には、自由で生き生きとした魅力を感じるものだ。また、女性はワンパターンにはすぐに飽きてしまうが、ほんのすこし目先を変えただけでも喜んでくれる。それは、たとえば映画が芝居になったから、ということでもあるが、それだけの努力を自分に対して払ってくれたという、男の「まめ」さがうれしいのである。一方「まめ」をいやがる男性は、妙なプライドを持っていて、これが邪魔をしていることが多いような気がする。女性に毎日電話するなど、男性の治券にかかわると思い込んでいる場合もある。二枚目ならそれでもいいかもしれないが、並の男が二枚目のマネをしても、女性には相手にもきれないはずだ。無理してでも、一度「まめ」を演じてみることだ。それで女性が喜んでくれたという味を一度でもしめると、ヤミっきになり、やがて本物の「まめ」になるかもしれない。*まめが苦手なら、彼女が喜んでくれる味をしめるまで、とことん。まめになってみるねなぜ、女性はたわいないニとをいちいち、尋ねるのか人が何かを尋ねてくるのは、より親しくなりたいというサインである職場で女性社員から人気のない上司のタイプといえば、いろいろあるが、その中のひとつが何を尋ねても「自分で考えろ」とか「こんなこともわからないのか」と頭ごなしに言う上司だそうだ。逆に、素敵な上司というと、どんな小さなことでも、一つひとつていねいに答えてくれる上司である。そのうち、上司と女性がH不倫などの恋愛にはしることもあるという。あなたは、もしかしたら、不人気の上司と同じことをしたことがないだろうか。女性が何かを聞いてくる。これは、ひとつのチャンスである。何かを聞くということ自体が、相手への接近行動である。女性はあなたと親しくなりたくて、その口実に何か聞いてくることも考えられるだろう。だれでもそうだろうが、小・中学校時代でもあることです。