どうしたら、彼女と親しくなれるかあるいは、何も口で言うだけが

どうしたら、彼女と親しくなれるかあるいは、何も口で言うだけが好意ではない。口で言うのが照れくさいなら、行動で示す方法もある。オフィスであれば、いつもは彼女が用意しているお茶を出す手伝いをしたり、忙しそうなときはコピーをとってあげる。それだけで十分に好意は伝わる。逆に、女性のほうから好意を示された場合は、その好意に対する喜ぴを、はっきりとわかるように示してあげることだ。なにごとも、自分のしたことに対する反応があるというのはうれしいものなのである。そこから、やがて恋愛感情が生まれる可能性はおおいにある。仲間の前で彼女にほめられて照れくさくても、彼女のほめ言葉に対しては、けっして「ウソだろ」「パカにしてんじゃないの」などという反応は見せないことだ。これでは相手の好意を台無しにし、発展するものも発展しなくなる。また、ひょっとすると相手がほんとうにイヤミで言っていることがあるかもしれない。そんなときでも「ありがとう」と答えておいたほうが、周囲のあなたに対する評価は高まる。もちろん、相手からの評価も高まるはずだ。イヤミを言ったはずの女性が、それをきっかけにあなたに好意を持つことだってありうるのだ。*好きな女性には、自分が好意を抱いている二とをさりげなく伝えるようにする*イヤミを言われたら「ありがとう」と答えておいたほうが、聞象はグンとよくなる幻なぜ、まめな男ほど女にモテるのか女性は、あの手この手で自分に働きかけてくれる人には、それだけで心を動かされやすい女性にモテる男性は、よく向性からやっかみを受ける。モテない男性は、モテる男性がハンサムや秀才ならまだしも納得できるが、向性から見ておもしろくもない場合、おきまりがつかない。それを「あいつはオレよりまめだから:::」といって、自分を慰めてはいないだろうか。「あいつはまめだから:::」というのは、自分が女性にモテないことをふれて歩くようなものである。「まめ」だから、女性に好かれるのであって、まめでない人は女性へのアプローチを怠けているといってもいい。『マメな奴には運がつく』という本が一時話題になったが、会社などでも特別な能力を持っていない男性がアピールをするのは、何でも面倒くさがらずに一生懸命に仕事をする「まめ」きがだいじなはずだ。「まめ」な人は、好奇心も旺盛で、あちこちに首を突っ込み、さまざまな情報も手に入れやすい。いろいろな集まりの切り盛りをして信頼も集め、得意先にも他人が一度行けば二度顔を出す。