Author Archives: asmile

たったそれだけのことで?などと思われるかもしれないが、女優の中村メイコさんの場合も「はじめて日比谷公園に散歩に連れていってくれた」神津善行さんと結婚している。絶世の美女と結ぼれるには、男性は至れり尽くせりのサービスが必要だと思われるかもしれないが、そうではない。フランス料理のフルコースを御馳走し、港の見えるホテルのパへ誘わなければオーケーしてもらえないというのは一部の女性だけだ。それも決定的に効果があるのは、フランス料理店にも高級パにも行ったことのない女性に対してだけだろう。フランス料理店でも赤ちょうちんでもいいから、女性ははじめてのことを体験させてくれた男性に感激するのである。何事によらず、人間いくつになっても初めて体験することは、新鮮な驚きや喜ぴがある。たとえ知識として知っていたとしても、実際に見たり聞いたり、出会う アプリ で知り合った手にふれたりすることは、五感がともな2どうしたら、彼女と親しくなれるかい、強い感動を覚える。女性も好奇心が強く、さまざまなことを体験したいという欲求があるが、自分ひとりで見知らぬ所に出かけたり、見知らぬ人に会うのは勇気がいる。ここに男性の出番がある。どんなささいなことでもいい。女性が未体験のことを経験きせてあげることができれば、単に男友だちとしてだけではなく、貴重な体験をさせくれる8かけがえのない男性。と印象づけられる。そのときに感じた新鮮な驚きや喜びを男性と共有することは、とりもなおさず、男性への好意となってあらわれやすい。年上の男性がモテるのは、いろいろなことを知っていて、女性に新しい世界を教えてやることが多いからだ。このように、新鮮な喜ぴを与えるのは、特別なことである必要はない。ふだんのつきあいのなかから、彼女がどんなことに興味を持っているか、いま何を求めているかさえわかれば、いくらでも打つ手はある。かりに、それが自分の得意分野ではなくとも、彼女の興味がわかったのなら、付け焼刃でもいい。まえもって一度だけ経験しておくのだ。なんなら下見だけでもいいだろう。その程度のことでも、新しいことで水先案内人がっとまれば、彼女の信頼感が増してくる。*付け焼刃でもいいから、なんにでも挑戦しておくと、彼女を感動させるチャンスも、かえる*彼女がしてみたいと思っていることを教えてあげるだけでも、親密な関係に発展しやすい却なぜ、e悪い男に女性はひかれてしまうのかいいお嬢さんほど、ウラの世界を垣間見せてくれるでしょう。

教える、教えられるという関係が前提としてあるから、ふつうの男女関係よりもコミュニケーションのパイプはもともと太い。そのうえに「教師だから」「上司だから」「先輩だから」という口実があることが、教えられる側の女性にとってみても、うしろめたくなく、安心して心を許せる理由ともなるのである。もし彼女が、あなたに好意を抱いていたとしても、たくさんのライバルがいれば、あなたはボーイフレンドの一人にすぎない。その中で、恋人の位置を獲得しようとすると彼女も心のなかではた2どうしたら、彼女と親しくなれるかくさんの男性にモテたいと思っているから、すぐにはむずかしい。そこで、「先輩」や「コチ」というパイプが役に立つ。どんなに細いパイプにも、すこしずつ太くしていけば、いつかは実を結ぶきっかけになる可能性は大いにある。しかし、いくらテニスやスキのコチがモテるからといって、だれでもコチになれるわけではない。彼女を教え導いてあげられるような。先生。でもないとしたら、どうしたらいいか。とにかく、自分に得意なことがあったら、それを教えてあげることだ。そのためにはやはり、すこしでも彼女にアプローチできるように同じサークルなどにはいっておくといい。大学生ならば、試験のときなど、女性の苦手とする政治・経済・法律について教えてあげ、さりげなく、コピーや資料も渡してあげる。社会人なら、仕事を教えるという口実を最大限に利用できるはずだ。女性は、男性からするとたいしたことではなくても、自分の知らないことを教えてくれると、頼りたくなってしまうものだ。とにかく数を打ってこまめに点を稼ぐ。彼女に恋人がいたとしても、しだいに、彼女の心の中で天ぴんがあなたのほうに傾いてくるはずだ。こうして、現在の恋人の価値が下がり、あなたへの評価が高まってくると、あるとき突然に二人の位置が大逆転することがあるのだ。*得意なことがあれば、何でもいいから彼女に教えてあげるようにする彼女は、男の戸ブローチをl山待ちするようになるおなぜ、女性は、同年代の男より、年上の男に憧れるのか女性は、,はじめての体験。をさせてくれた男性にかけがえのない男性というイメージをつくるコラムニスト・青木雨彦氏の随筆にこういう話があった。女優の吉永小百合さんに「なぜ太郎きんと結婚したんですか?」とたずねたら「だって、彼は初めて私を飲みにつれていってくれたんですよ」と、答えたという。

どんなことでもパカにせず、親身になって教えてくれた先生のほうが好感をもって思い出すにちがいない。男女の仲もそれと同じである。もしこのとき、「何だ、こんなことも知らないの、笑われるよ」などというと、もう二度とその彼女はモノなど聞きはしないだろう。彼女からの接近を拒否したも同然だからだ。また、自分がいかにモノを知っているかを印象づけようとエラそうにペラペラしゃべるのも、逆2どうしたら、彼女と親しくなれるか、勺効果である。すばらしい知識を披露したとしても、彼女はそれを自己陶酔としか受け取らないだろ。女優の岸恵子さんはフランスの映画監督と子どもまでもうけながら、離婚したが、その理由の一つに夫のか応答があったという。夫はレジスタンスの戦士であり、それを誇りにしている。夕食時などレジスタンスのことがよく話題にのぽり、こんなとき、岸さんがフランスの歴史の細かいところがわからずに聞くと、「そんなことも知らないのか」という目をされ、しだいに彼から心が離れていったという。たぶん、夫はフランス史はだれもが知っていて、そんなことは常識だと思ったのであろうが、夫婦でさえ、そうなのだ。もちろん、知らないことは素直に知らないというのがいちばんいい。要は相手に対する心の姿勢のもちかたである。「そんなことも知らないのか」といわれれば、パカにされたと思うのがふつうだ。自分が知る範囲でやさしくていねいに教えるということは、相手を尊重していることである。自分をたいせつにしてくれるというところから、コミュニケーションの紳というものは生まれてくるのである。*どんなつまらないことでも、聞かれたら真剣に答える姿勢を示す*聞かれて知らないニとは、素直に知らないと言ってあげる”なぜ、女は、つまらない男でも、先生や上司というだけでひかれやすいのか女性は、自分に何か教えてくれる人には、自分を導いてほしいという欲求が強くなる私の知人のなかでも、かつての教え子と結婚している教師はけつこういる。たしかに女性のなかには教えられることの好きな人、8教わり魔。というべき人がいるのだ。本能かどうかはわからないが、女性は男性よりも、だれかに教え導いてほしいという恭順欲求が高い。テニスやスキーをする若い女性が多いのは、こうした理由が背景にあるのだ。現に、素敵なコーチがいるかもしれないという理由でテニスを始める女性はけっして珍しくないし、コーチが格好いいからテニススクールに通っているという人も多い。

こういった「まめ」さが、悪い方向に行くはずはない。人はたびたび自分に働きかけてくれる人には、心を動かされやすい。2どうしたら、彼女と親しくなれるか男女の場合でも、男性が「まめ」であるということは、関係をつくるキーワードといってもいい。それは、仕事のときとまったく同じである。女性に対してひんぱんに働きかけをすれば、女性はだいじにされていると喜んでくれる。面倒くさがらないから、何か二人のあいだに壁ができたとしても、それをクリアしていくだけのパワーがあると女性に思われる。さらに、まめで好奇心旺盛な男性には、自由で生き生きとした魅力を感じるものだ。また、女性はワンパターンにはすぐに飽きてしまうが、ほんのすこし目先を変えただけでも喜んでくれる。それは、たとえば映画が芝居になったから、ということでもあるが、それだけの努力を自分に対して払ってくれたという、男の「まめ」さがうれしいのである。一方「まめ」をいやがる男性は、妙なプライドを持っていて、これが邪魔をしていることが多いような気がする。女性に毎日電話するなど、男性の治券にかかわると思い込んでいる場合もある。二枚目ならそれでもいいかもしれないが、並の男が二枚目のマネをしても、女性には相手にもきれないはずだ。無理してでも、一度「まめ」を演じてみることだ。それで女性が喜んでくれたという味を一度でもしめると、ヤミっきになり、やがて本物の「まめ」になるかもしれない。*まめが苦手なら、彼女が喜んでくれる味をしめるまで、とことん。まめになってみるねなぜ、女性はたわいないニとをいちいち、尋ねるのか人が何かを尋ねてくるのは、より親しくなりたいというサインである職場で女性社員から人気のない上司のタイプといえば、いろいろあるが、その中のひとつが何を尋ねても「自分で考えろ」とか「こんなこともわからないのか」と頭ごなしに言う上司だそうだ。逆に、素敵な上司というと、どんな小さなことでも、一つひとつていねいに答えてくれる上司である。そのうち、上司と女性がH不倫などの恋愛にはしることもあるという。あなたは、もしかしたら、不人気の上司と同じことをしたことがないだろうか。女性が何かを聞いてくる。これは、ひとつのチャンスである。何かを聞くということ自体が、相手への接近行動である。女性はあなたと親しくなりたくて、その口実に何か聞いてくることも考えられるだろう。だれでもそうだろうが、小・中学校時代でもあることです。

どうしたら、彼女と親しくなれるかあるいは、何も口で言うだけが好意ではない。口で言うのが照れくさいなら、行動で示す方法もある。オフィスであれば、いつもは彼女が用意しているお茶を出す手伝いをしたり、忙しそうなときはコピーをとってあげる。それだけで十分に好意は伝わる。逆に、女性のほうから好意を示された場合は、その好意に対する喜ぴを、はっきりとわかるように示してあげることだ。なにごとも、自分のしたことに対する反応があるというのはうれしいものなのである。そこから、やがて恋愛感情が生まれる可能性はおおいにある。仲間の前で彼女にほめられて照れくさくても、彼女のほめ言葉に対しては、けっして「ウソだろ」「パカにしてんじゃないの」などという反応は見せないことだ。これでは相手の好意を台無しにし、発展するものも発展しなくなる。また、ひょっとすると相手がほんとうにイヤミで言っていることがあるかもしれない。そんなときでも「ありがとう」と答えておいたほうが、周囲のあなたに対する評価は高まる。もちろん、相手からの評価も高まるはずだ。イヤミを言ったはずの女性が、それをきっかけにあなたに好意を持つことだってありうるのだ。*好きな女性には、自分が好意を抱いている二とをさりげなく伝えるようにする*イヤミを言われたら「ありがとう」と答えておいたほうが、聞象はグンとよくなる幻なぜ、まめな男ほど女にモテるのか女性は、あの手この手で自分に働きかけてくれる人には、それだけで心を動かされやすい女性にモテる男性は、よく向性からやっかみを受ける。モテない男性は、モテる男性がハンサムや秀才ならまだしも納得できるが、向性から見ておもしろくもない場合、おきまりがつかない。それを「あいつはオレよりまめだから:::」といって、自分を慰めてはいないだろうか。「あいつはまめだから:::」というのは、自分が女性にモテないことをふれて歩くようなものである。「まめ」だから、女性に好かれるのであって、まめでない人は女性へのアプローチを怠けているといってもいい。『マメな奴には運がつく』という本が一時話題になったが、会社などでも特別な能力を持っていない男性がアピールをするのは、何でも面倒くさがらずに一生懸命に仕事をする「まめ」きがだいじなはずだ。「まめ」な人は、好奇心も旺盛で、あちこちに首を突っ込み、さまざまな情報も手に入れやすい。いろいろな集まりの切り盛りをして信頼も集め、得意先にも他人が一度行けば二度顔を出す。